本文へ移動

ガス給湯器に関する豆知識

2024年2月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
赤字が定休日(メール・電話はOK )
ガス給湯器の使い方などのポイントをまとめましたのでご覧ください。

POINT1.エラー表示

お湯が出ないなど不具合が生じた時に、リモコンにエラーコードが表示されている場合があります。リモコンに表示されるエラーコードを調べることで、トラブルの原因を特定できる可能性があります。

POINT2.コンセントリセット

電波障害などで給湯器の基板におかしな電気信号が入り込んで誤作動を起こすことがあります。
そのような時は、給湯器の電源コンセントを一旦抜いて、30秒ほどしてから差し直せば正常に戻ることがあります。
この処置を「コンセントリセット」と呼びます。
電気の供給を完全に遮断することで、おかしな電気信号がリセットされるのです。

コンセントリセットの手順

1.給湯器から電源コードをたどって電源コンセントを見つけてください。
コードが複数ある場合は、太い黒色または灰色のコードが電源コードです。
2.コンセントを抜いて、30秒ほどしてから差し込んでください。
ほとんどの屋外コンセントは「抜け防止ロック機構」となっています。
無理やり抜かないで、下図のように左に回してロックを解除してから抜いてください。
差し込んだら、右に回してロックしてください。

POINT3.マイコンメーターの復帰方法

ガス器具を連続して長時間使用したり消し忘れをした場合、また大きな消費量のガス器具を急に使った場合、安全のためマイコンメーターがガスを遮断します。

遮断した原因がわかっている場合は次の方法でガスを復帰することができます。

都市ガスの場合

LPガス(プロパンガス)の場合

もしガスが復帰しない場合は、すみやかにガス会社に連絡してください。

POINT4.循環アダプターの掃除方法

浴槽の循環アダプターのフィルターが詰まると、浴槽のお湯が適温にならないとか追い焚きができなくなる恐れがあります。

定期的にフィルターを掃除しましょう。

フィルターの掃除手順

POINT5.凍結したパイプの解凍方法

パイプに雑巾などをあてて、それにお湯をかけて解凍しましょう。

パイプに直接熱湯をかけるとパイプ等が破損する恐れがあります。

パイプに凍結防止用ヒーターを巻いて、凍結を予防しましょう。

パイプ内の水が常に流れた状態であれば、水は凍りにくくなります。
就寝前に浴室などの蛇口から水を少量出しておくことで、凍結を予防できる場合があります。


TOPへ戻る